工事保険のアドバイス

工事保険といえば、建設工事中に、何からの事故や自然災害、盗難など予測できない事態により損害を被った際に保証されるものです。
AIUではそれよりも広い範囲を保証する法人向けの総合事業者保険というものもあります。

AIUの工事保険よりもその適用範囲が広く、建設工事現場だけでなく、事務所や現場で働く人なども対象となります。

たとえば、従業員が建設工事現場でケガをして後遺症が残ってしまった時も対象となります。

また工事中に資材を落としてしまい、それが通行人にあたり、通行人がケガをしてしまった場合や
不当な解雇やパワハラなど、雇用に関する内容も保障されるというものです。
実際に事故はどんどん増えているそうです。>>建築物等に係る事故の報告制度/東京都都市整備局

建設業界でも、このようにいろいろな種類の保険があるのですね。

とても参考になります。

AIUの工事保険には、建設工事保険や、組立保険、土木工事保険など、個別のものもあり、その用途に合わせて選べるのがいいですね。

私たちに身近な生命保険や傷害保険と同じように、保険の種類はとてもたくさんあり、どれがいいのか素人では把握しきれない部分があります。

専門の方のアドバイスがないと、なかなか選べないものだと思います。

最近では、ショツピングモールの一角に保険の窓口といった無料で相談できるサービスを設けているところもあります。

保険に知識がない人にとってはとても助かるものです。

工事保険についての相談を無料で行っているコンサルタントもいるので、利用してみる価値はあると思います。