工事保険の臨時費用

AIUの工事保険のサイトをみると、臨時費用保険金も対象となっています。

臨時費用とは、工事保険の対象となるものが損害を受け、その際に臨時に発生する費用となります。

たとえば、損害の原因などを調べるために発生する費用、見舞金、などです。

建設工事はつねに危険が伴うものです。

一般的に保険といえば、生命保険でも損害保険でも、すぐに理解できない表現で書かれているようなケースもありますね。

いろいろなケースを文章で表現して説明するだけでなく、例をあげたりイラストで説明されているととてもわかりやすいと思います。

AIUの工事保険にサイトでは、保険の内容がイラスト付きで説明されていたり、またどんなケースで支払われるのか、という部分がとてもわかりやすくなっています。

たとえば、内装の工事中に保管しておいた段ボールが燃え、接着剤などに引火して火災が起こった場合や、放火による火災などがよくわかります。

私たちの日常生活においても、ふだんから自分では気をつけていても、盗難など予測できないトラブルにあうこともありますね。

自宅に放火されるというのも悲惨なことですが、まだ完成していない工事中の建物が放火にあい、損失していまうというのは金額的なことだけでなく、納期に間に合わないなどの信頼にもかかわることになってしまいます。

ただ、実例に載っていない不測の事態は、いつどんなタイミングで起こるかわからないものです。

工事保険によく精通した方からのアドバイスは必須ですね。